外装工事のお話

 

お世話になっております。今回は外装工事のお話です。

昨今の建築業界では営業の方法として外壁回りの工事を足掛かりにして仕事を獲得する会社さんが増えてきています。

そこで本日は失敗しない業者の選び方についてアドバイスができればと思います。


【失敗しない業者選び 外装工事編】

 その1 すぐやります・当日見積もり出来ます等のうたい文句は信用しない!

~理由~

工事の基本は、①お問い合わせをもらう→②現調に伺う→③お客様にお話を伺う→④工事の内容の確認→⑤お見積り(ここまで通常で1週間くらい)→⑥お見積り提出・工事説明→⑦工事が決まった場合工事時期の設定→⑧工事開始  と、通常こういった流れでお客様に工事について考えて頂くする時間を設けていますがそれを飛ばしてしまうと追加請求・工期延長等お客様にストレスになる要素が増えてしまいますのでこういった業者にはご注意!

 

その2 コロコロ担当者が変わったり、誰に連絡したらよいかわからない業者

~理由~

この場合元請さん・工事業者・現場管理人の連携が全く取れていない場合がほとんどで、言った言わないの揉め事が起きる場合が多数見受けられるため、こういった業者にはご注意!

 

その3 値段のみで判断しない・工事内容をしっかり見る。

~理由~

これにつきましてはお客様自身に気を付けて頂きたい点です。値段だけ見て工事業者を決めた場合工事の内容に不備があったり、やってほしいことが見積もりに反映されてなかったりすることが多く、こちらも後で追加請求されてしまう原因となります。しっかりとした見積もりの内訳が記載されている・工事説明ができる業者を選びましょう!


~まとめ~

ここまで書いたことは外装工事に限ったことではなく内装・水回りの工事にも言える事です。良い会社さんに出会うことは難しいですが悪い業者を見つけることは簡単です、その場で判断するのではなくゆとりを持った対応を心がけて頂ければ良い会社さんに出会えるかもしれないですね。


ではまた