内装リフォーム検討中の方が知っておくべき注意点とは?

 

皆さんこんにちは。神奈川県藤沢市に拠点を置き、藤沢・茅ヶ崎・鎌倉といった湘南エリアやシーサイドエリアで、新築工事やリフォームを手がけるムトウ建設です。


住んでいるうちに、経年変化で古びた感じが気になってきたり、キッチンや浴室の使い勝手が悪くなってきた……そんな場合は、わざわざ家を建て替えずとも、内装リフォームで住み心地や性能をアップできます!


今回は内装リフォームで知っておきたい注意点について、ご紹介します。



■内装リフォームではこんなことができます!

内装は暮らしの快適性に直結するもの。ライフスタイルの変化によって、今の暮らしにふさわしいインテリアも変わってきます。


たとえばLDKの近くにある和室。壁を取り払って、リビング・ダイニングと一体のフローリングにすれば、お手入れもしやすく、LDKも広々と開放的になります。あるいはワークスペースに改装するのもいいですね。


逆に、内装リフォームで畳スペースを新設するケースも、子育て世代の方には人気。お子さんのお昼寝や洗濯物を畳む時などに重宝します。あえて段差をつけて、下部を収納に活用する手もありますよ。


また経年劣化で古びてきたクロスや、キズがついたフローリングを刷新・補修することで、インテリアの雰囲気をがらりと変えることができます。

最近はクロスも、さまざまな質感やカラーバリエーションがあり、防汚性や防臭性を備えた機能性クロスも登場しているので、幅広い選択肢のなかから好みにかなったものを見つけられます。

特にLDK は家族が集う場所ですので、気持ちよくしたいものですよね。


キッチンやトイレ・浴室といった水まわりも、毎日使う大切な場所。明るく清潔で、かつ便利な環境へとリフォームできます。

設備関係は毎年メーカーから新しいタイプが出ており、キッチンなら汚れにくく家事ラクで収納量もたっぷりというものが今のスタンダード。浴室やトイレも、お掃除の手間の省ける工夫が施されたものが主流です。

設備機器の交換のみならず、手すりをつけたり水洗金物を交換するような小さなリフォームでも、ぐっと使いやすくなりますよ。



■失敗例から学ぶ、リフォームを成功させるコツ

リフォームでありがちな失敗が、いざできてみたら「こうじゃなかった」というケース。

使い勝手がよくなっていない、想像していた雰囲気と違う、という事態は、どうしたら避けられるのでしょう?


その秘訣の一つが、リフォームの業者ときちんとコミュニケーションをとること。プラン・見積もりは、疑問点や不明点がなくなるまで質問しましょう。逆に言えば、打ち合わせ中に率直に質問を受け付けてくれて、さらにその場で答えてくれる業者なら、十分な知識と経験があり、信頼できると考えてよいでしょう。


またプランや見積もりを見て迷いが生じたら、ショールームに行くことをおすすめします。

素材のサンプルを取り寄せても、ピース単体の小さいサイズなので、使う面積が広くなると印象が変わってきてしまいます。もちろん、業者にアドバイスを仰ぐことはお忘れなく。



■内装リフォームで頼れる業者の選び方

内装リフォームは打ち合わせから設計・施工まで、一貫して手がけている地元の業者に依頼するのがベスト。

ハウスメーカーや大手ビルダーですと、施工を地元の下請け会社に委託しているケースもあり中間マージンがかかりますが、設計・施工ともに手がけている会社なら、このようなマージンは不要。余分な費用を捻出する心配もありません。


また地元密着型の工務店ですと、窓口となる担当者が最後まで継続して行うので、コミュニケーションの行き違いが起きにくいというメリットもあります。営業担当者ではなく実際に作業をするプロが打ち合わせの対応をするので、要望を高い精度で実現してくれます。



ムトウ建設は神奈川県藤沢市を中心に、地域密着型で小さなリフォームから対応しております。お客様のお話しにじっくり耳を傾け、ていねいにヒアリングをしてご要望を叶えます。お悩みごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。